ログインはこちらから
ようこそ e-booksへ

ショッピングカート
お買い物点数 0個
合計金額 ¥0
お会計
トップ
商品カテゴリ
全商品 [2055件]
   受験対策 [106件]
   福祉士養成講座 [50件]
   法令関係 [89件]
   福祉 [1186件]
   医療・看護 [382件]
   食品・環境 [112件]
   その他 [102件]
   セミナー [26件]
   ビデオ・DVD [27件]
   雑誌 [249件]
   シリーズ [161件]
はじめての方へ
マイページ


ぼくが前を向いて歩く理由(わけ)
事件、ピック病を超えて、いまを生きる
前のページに戻る
ぼくが前を向いて歩く理由(わけ)
日本図書館協会選定図書
ぼくが前を向いて歩く理由(わけ)
CONTENTS
序にかえて
第1章 発端
事件/違和感/急展開
第2章 診断
注目されつつある前頭側頭型認知症/発症は潜在的に/早期発見のポイント
第3章 混乱
次第に現れてくる症状/前頭側頭型認知症の症状
第4章 支援
深刻な処分/のしかかる経済的不安/広がる支援の輪
第5章 葛藤
複雑な思い/サービスを利用/息がつまる関係
第6章 再生
働く場を求めて/病と付き合う生活の工夫/環境を整える/ここを理想郷に
あとがき  暗闇から大きな希望ヘ
すべての人におくる、
感動の再生物語

「サザンビーチちがさき」の命名者であり、2000年夏のサザンオールスターズ茅ヶ崎ライブ開催に奔走し活躍した一人の行政マンを襲った突然の悲劇。
万引きによる現行犯逮捕、それは若年認知症(ピック病)の症状によるものだった。
混乱、苦悩、偏見……、そのなかで家族はどのように再生を果たしていったのか。
感動の手記。

2006年2月、スーパーで万引きして現行犯逮捕された中村成信さん。弁明の機会もなく懲戒免職となるが、その後ピック病と診断―。
本書は、ピック病が社会に理解されていないために起きた悲劇、復職に至る長い道のり、家族・仲間の支援の軌跡であり、中村さんの再生の記録。

ピック病(前頭側頭型認知症)とは……
前頭葉や側頭葉が限局的に萎縮する認知症疾患。
意欲低下や性格変化などを生じる前頭葉症状と、言語の障害などが起こる側頭葉症状がみられる。
初期の時期には記憶障害がみられないため、アルツハイマー病とは症状の内容が大きく異なる疾患といえる。

立ち読みページへ 電子ブックで内容見本をご覧ただくことができます


著者: 中村成信=著
ISBN: 978-4-8058-3587-6
在庫状況: 在庫僅少
*在庫状況の語句説明
判型: 四六
体裁: 並製
頁数: 218頁
発行日: 2011年11月01日

価格:

¥1,728(税込)

カート



この著者のほかの著作は こちら

中村成信


レビュー (0件) この商品にレビューをつける

まだこの商品のレビューはありません。
このページのトップへ

前のページに戻る
Footer