七訂 母子保健法の解釈と運用

新着
七訂 母子保健法の解釈と運用
七訂 母子保健法の解釈と運用

母と子の健康を守る!母子保健に携わるすべての方に!
最新の母子保健法の理解を深め、実務に役立つ一冊

本書は母子保健法の詳細な逐条解説を中心に、制定・改正の経緯、関係法令、資料を収載。
母子保健法に関する唯一の解説書である。
七訂版では、「母子健康センター」(「母子健康包括支援センター」に名称改正)の業務見直しによる改正等、最新の改正内容に対応した。
著者厚生労働省子ども家庭局母子保健課=監修
ISBN978-4-8058-5953-7
C2032
判型A5
体裁並製
頁数310頁
発行日2019/09/30
開催地 セミナー講師 会場名 状況 セットコード タイトル名称
開催地
セミナー講師
会場名
販売価格 3,300円 (税込)
数量


目  次

第1編 制定及び改正の経緯
  第1節 制定の経緯
  第2節 改正の経緯

第2編 各論
  第1章 総則
   ・目的
   ・母性の尊重
   ・乳幼児の健康の保持増進
   ・母性及び保護者の努力
   ・国及び地方公共団体の責務
    ほか
  第2章 母子保健の向上に関する措置
   ・知識の普及
   ・保健指導
   ・新生児の訪問指導
   ・健康診査
   ・栄養の摂取に関する援助
    ほか
  第3章 母子健康包括支援センター
   ・母子健康包括支援センター
  第4章 雑則
   ・非課税
   ・差押えの禁止
   ・削除
   ・大都市等の特例
   ・緊急時における厚生労働大臣の事務執行
   ・権限の委任

附録
 ・母子保健法
 ・母子保健法施行令
 ・母子保健法施行規則
 ・「健やか親子21(第2次)」について 検討会報告書
 ・データヘルス時代の母子保健情報の利活用に関する検討会 中間報告書