ケアマネジャーの質問力

ケアマネジャーの質問力
ケアマネジャーの質問力

対人援助でいかす「質問」の技術!
質問力を鍛えてコミュニケーション能力を高め
「利用者から信頼されるケアマネジャー」を目指そう!

利用者のニーズを正確に把握するためには、的確な問いかけを行うことが不可欠である。
本書はアセスメントやモニタリングの基礎となる「質問のしかた」や「質問の組立て方」に焦点を当てた。
多様な情報を引き出すとともに利用者・家族の意欲を高める「質問力」が磨かれる一冊。
著者高室成幸=著
ISBN978-4-8058-3172-4
C3036
判型B5
体裁並製
頁数200頁
発行日2009/7/10
開催地 セミナー講師 会場名 状況 セットコード タイトル名称
開催地
セミナー講師
会場名
販売価格 2,200円 (税込)
数量


目  次

第1章 質問の力
 1 相談援助職と「質問の力」
 2 質問は「考える力」を育てる
 3 質問には「動機づける力」がある
 4 質問には「気づきを生む力」がある
 5 質問には「人間関係をつくる力」がある

第2章 よい質問は「6W1H+1R」でつくる
 1 「いつ(時間、時期)」を質問する(When)
 2 「どこ(場所、環境)」を質問する(Where)
 3 「だれ(主体)」を質問する(Who)
 4 「なに(目的)」を質問する(What)
 5 「なぜ(理由、根拠)」を質問する(Why)
 6 「どのように(手段、状況、状態)」を質問する(How)
 7 「どうなった(結果)」を質問する(Result)
 8 「願い」を質問する(Wish)

第3章 質問の「使い方」
     質問の「組み立て方」
     応えの「読みとり方」

 1 質問の「使い方」
  ・質問のルール
  ・質問の基本形:
   「閉じた質問・選ぶ質問・開いた質問」
  ・内容:「広げる質問・深める質問」
  ・時間:「これまでの質問・これからの質問」
  ・客観・主観:
   「事実をきく質問・意向をきく質問」
  ・職務・本人:「聞くべき質問・話したい質問」
 2 質問の「組み立て方」
  ・「質問の手法」の組み立て方
  ・「目的別・時間別・期間別」の組み立て方
  ・「対象別」の組み立て方
 3 応えの「読みとり方」
  ・「音色」の読みとり方
  ・「表情・態度・しぐさ」の読みとり方
  ・「正確さ」の読みとり方
第4章 「質問力」でアセスメント!
 1 「生活歴」を質問しよう!
 2 「職業歴」を質問しよう!
 3 「家族歴」を質問しよう!
 4 「趣味歴」を質問しよう!
 5 「人柄・性格」を質問しよう!
 6 「人間関係」を質問しよう!
 7 「ADL」を質問しよう!
 8 「IADL」を質問しよう!
 9 「CADL」を質問しよう!
 10 「疾患歴・治療歴」を質問しよう!

第5章 「質問力」ブラッシュアップする
 1 「聞き上手」で答えをうける
 2 「専門知識・一般教養」で質問を深める
 3 質問力を日常的に「使いこなす」
 4 「3つの手法」を学ぶ、活かす
 5 「自問自答」で質問を磨く

「質問力」演習ノート

この商品を購入した方はこんな商品を買っています

2017/5/5
高室成幸=著
2,420円
2017/8/25
吉島豊録=監修/石田英一郎、色部恭子、大羽孝児、坂本文典=著
2,420円

関連商品

2007/9/10
野中猛、高室成幸、上原久=著
2,860円
2017/5/5
高室成幸=著
2,420円