最新 CVPPPトレーニングマニュアル
医療職による包括的暴力防止プログラムの理論と実践

新着
最新 CVPPPトレーニングマニュアル
最新 CVPPPトレーニングマニュアル

援助者が当事者の援軍となることが、
最も攻撃性や暴力行動のリスクを下げる!

医療現場で起こる攻撃、暴力を適切にケアするためのプログラムであるCVPPP。
攻撃的にならざるを得ない人に対して、ケアする者としてどのようにかかわるか、そして治療的な環境を守るために必要な視点を解説。
より安全な身体介入技術の方法についても紹介した。
著者一般社団法人日本こころの安全とケア学会=監修/下里誠二=編著
ISBN978-4-8058-5956-8
C3047
判型B5
体裁並製
頁数294頁
発行日2019/10/25
開催地 セミナー講師 会場名 状況 セットコード タイトル名称
開催地
セミナー講師
会場名
販売価格 2,640円 (税込)
数量


目  次

第1部 理論編
 1 暴力に対応することについての重要な理念

  1 暴力をケアするということ
  2 CVPPPの理念

    ・CVPPPの基本的理念
    ・CVPPPの8つの原則
    ・当事者と臨床の狭間をつなぐもの
    ・8つの原則の誤りやすい注意点とポイント・利点

  3 プログラムによって期待される変化
    ・Person-centeredなかかわりについて
    ・プログラムによって個人に起こる変化
    ・プログラムによって組織に起こる変化
     ほか

 2 暴力に関連した理論と法的問題
  1 暴力と攻撃性の理解
    ・定義
    ・攻撃性の理論
    ・感情、態度、行動という3つの側面
    ・臨床と暴力の問題

  2 法的問題―ケアするための根拠
    ・緊急避難
    ・安全配慮義務責任
    ・責任能力、判断能力、強制介入について
    ・精神障害と司法

 3 CVPPP実践の手引き
  1 CVPPPの概要
    ・4つの構成要素
    ・CVPPPの効果

  2 CVPPPの構成要素
    ・リスクアセスメント
    ・ディエスカレーション
    ・ブレイクアウェイとチームテクニクス
    ・振り返りと報告

  3 日常の行動的介入とさまざまな対象へのCVPPP
    ・日常の行動的介入
    ・さまざまな対象へのCVPPP


第2部 実践編
 1 ブレイクアウェイ

   ・同側の手首を持たれているとき
   ・髪を持たれているとき
   ・抱きつかれているとき(後方)
    ほか
 2 チームテクニクス
   ・立位と移動のサポート
   ・腹臥位から仰臥位へのサポート
   ・スタッフが交代してサポートを継続する方法
    ほか

第3部 研修にあたって
 CVPPP研修の運用と管理について

  1 一般社団法人日本こころの安全とケア学会設立とその経緯
    ・日本こころの安全とケア学会について
    ・CVPPP研修に関連した学会組織
    ・CVPPP研修で得られる資格
     ほか

  2 CVPPPトレーナー養成研修における注意事項
    ・トレーナーとして認められるためには
    ・CVPPPトレーナー養成研修の留意点


演習課題
   ・「ケアするため」を意識する
   ・ケアする力、妥当な力
   ・暴力とその被害
    ほか

当事者の声

インストラクターの声