ボランティアコーディネーション力 第2版
市民の社会参加を支えるチカラ ボランティアコーディネーション力検定公式テキスト

ボランティアコーディネーション力 第2版
ボランティアコーディネーション力 第2版

ボランティア活動の潤滑剤、
コーディネーション力を磨いて社会参加を進めよう!

今日のボランティア活動には、多様な人々・組織を結びつけて新たな力を生み出す調整能力が欠かせない。
本書は、ボランティア活動を運営するための考え方、視点、力量を高めるためのノウハウ等を解説する。
ボランティアコーディネーション力検定(3級・2級)公式テキスト。
著者認定特定非営利活動法人日本ボランティアコーディネーター協会=編集/早瀬昇、筒井のり子=著
ISBN978-4-8058-5493-8
C3036
判型B5
体裁並製
頁数208頁
発行日2017/4/25
開催地 セミナー講師 会場名 状況 セットコード タイトル名称
開催地
セミナー講師
会場名
販売価格 2,420円 (税込)
数量


目  次

序 章 今、なぜ、ボランティア
     コーディネーション力なのか?

第1章 「ボランティア」の理解

 はじめに ボランティア活動の広がりと
        参加状況
 第1節 「ボランティア」の語源と、
      そのキー概念

  ・「ボランティア」という言葉の語源
  ・ボランティア活動のキー概念の理解
 第2節 ボランティア活動の社会的意味
  ・ボランティア活動の特長
   ―公共活動の新たな/もう一つの担い手
  ・「市民社会」の創造
 第3節 日本におけるボランティア活動の歴史
  ・明治期から戦前までの
   ボランティア活動の展開
  ・戦後日本でのボランティア活動の展開
 第4節 ボランティアとNPOとの関係
  ・ボランティアグループもNPO
  ・「非営利」の意味と
   ボランティア参画による経営
  ・NPO法人におけるボランティアの位置
 第5節 ボランティア活動の課題・弱点と、
      課題克服の視点

  ・自発的な活動であるがゆえの留意点
  ・「自発性パラドックス」
  ・社会を構成する3つのセクター
  ・応援を求める人を、どう見るか?
第2章 ボランティアコーディネーションの理解
 第1節 現代社会の課題とコーディネーション機能
  ・コーディネーションとは
  ・現代社会の課題とコーディネーション機能
 第2節 ボランティアコーディネーションの概念
  ・ボランティアコーディネーションとは
  ・市民社会づくりとボランティアコーディネーション力
  ・個別の機能
  ・基盤となる機能
 第3節 ボランティアコーディネーションが求められる場
  ・ボランティアコーディネーションが求められる場(個人・組織・セクター)
  ・ボランティアコーディネーションが求められる場(事例)
 第4節 ボランティアコーディネーションの視点
  ・事例に見るボランティアコーディネーションの視点
  ・「ボランティアコーディネーター基本指針~追求する価値と果たすべき役割~」
 第5節 ボランティアコーディネーションにかかわる人
  ・ボランティアコーディネーションにかかわる人の全体像
  ・仕事としてボランティアコーディネーションを行う人(ボランティアコーディネーター)
 第6節 ボランティアコーディネーターの8つの役割
  ・ボランティアコーディネーターの役割
  ・8つの役割
 第7節 日本におけるボランティアコーディネーターの動向
  ・ボランティアコーディネーターの歴史
  ・ボランティアコーディネーターの現状

終 章 ボランティアコーディネーション実務の
     向上に向けて

資 料 ボランティアコーディネーション関連年表


関連商品

1997/2/25
社会福祉法人 大阪ボランティア協会=監修/巡静一、 早瀬昇=編著
2,200円
2004/4/1
社会福祉法人 大阪ボランティア協会=編集/岡本榮一=編集代表
2,420円