ログインはこちらから
ようこそ e-booksへ

ショッピングカート
お買い物点数 0個
合計金額 ¥0
お会計
トップ
商品カテゴリ
全商品 [2105件]
   受験対策 [108件]
   福祉士養成講座 [50件]
   法令関係 [89件]
   福祉 [1215件]
   医療・看護 [391件]
   食品・環境 [113件]
   その他 [102件]
   セミナー [28件]
   ビデオ・DVD [27件]
   雑誌 [260件]
   シリーズ [162件]
はじめての方へ
マイページ


がん患者のケアマネジメント
在宅ターミナルをささえる7つのフェーズ・21の実践
前のページに戻る
がん患者のケアマネジメント


目  次


はじめに
序 章 なぜ、がんがわかるケアマネジャーが必要なのか?
第1章 なぜ、がんの利用者のケアマネジメントが難しいのか?
第2章 利用者の在宅生活をささえる7つのフェーズと21の実践
第3章 利用者・家族・医療職とのコミュニケーション
第4章 利用者・家族をささえる社会資源
さいごに
執筆者紹介

がんの病状変化を「7つのフェーズ(段階)」に分け、それぞれの場面でケアマネジャーがすべきことを「21の実践」に絞ってわかりやすく解説する。
医療系の職種とのスムーズな連携、急速な病状変化への対応など、がん患者の在宅ターミナルケアを支える方法を具体的に紹介。



著者: 市橋亮一、若林英樹、荒木篤=著
ISBN: 978-4-8058-5141-8
在庫状況: 在庫あり
*在庫状況の語句説明
判型: B5
体裁: 並製
頁数: 198頁
発行日: 2015年03月20日

価格:

¥2,592(税込)

カート



この著者のほかの著作は こちら

市橋亮一若林英樹荒木篤


レビュー (0件) この商品にレビューをつける

まだこの商品のレビューはありません。
このページのトップへ

前のページに戻る
Footer