在宅で暮らす認知症のある人のためのケアプラン作成ガイド

在宅で暮らす認知症のある人のためのケアプラン作成ガイド
在宅で暮らす認知症のある人のためのケアプラン作成ガイド

本人・家族のニーズが導きだせる
新たなアセスメントシートの提案!

在宅で暮らす認知症の人のケアプランは、本人の意向を反映させることが難しい。
本書はアセスメントで収集した情報を分析・判断し、その根拠を明確にし、本人・家族が望む生活に近づくニーズを導き出す新しいアセスメントシートを提案。適切な支援の方向・内容が見えてくる。
著者下垣光=編著
ISBN978-4-8058-3784-9
C3036
判型A4
体裁並製
頁数184頁
発行日2013/3/15
開催地 セミナー講師 会場名 状況 セットコード タイトル名称
開催地
セミナー講師
会場名
販売価格 2,592円 (税込)
数量

目  次


はじめに

第1章認知症のある人への在宅生活を支えるケアマネジメント
第1節 認知症のある人の在宅ケアマジメントの方向性
第2節 認知症の症状が在宅生活に及ぼす影響
第3節 在宅生活における認知症のある人へのケアプラン
第2章認知症のある人への心理とコミュニケーション
~認知症のある人を理解することとアセスメントのための情報収集スキル~
第1節 認知症のある人の心理を理解する(1)
 ~認知症がもたらすもの~
第2節 認知症のある人の心理を理解する(2)
 ~失われていないその人の世界がある~
第3節 認知症のある人とのコミュニケーション
第4節 コミュニケーションのなかでの情報収集
 ~効果的な情報の収集と信頼関係の形成~
第3章認知症のある人の在宅生活アセスメントとケアプラン
第1節 アセスメントの基本的視点
第2節 ニーズの抽出につながるアセスメント
 ~その人の「思い」を引き出す~
第3節 在宅で暮らす認知症のある人の情報収集の方法
 ~東村山版 認知症在宅ケア・アセスメントシートの構成と特徴~
第4節 アセスメント情報シート
 ~認知症のある人の在宅アセスメント項目~
第5節 分析シート1・2、ニーズシート
~情報収集から分析、ニーズの抽出~
第6節 ケアプランの作成
第4章 アセスメントとケアプラン作成の実際
事例1 家族は同居を望むが、一人暮らしの継続を希望する認知症がある方への支援
事例2 末期がんの夫と二人で暮らす、認知症のある妻に対する支援
事例3 夫婦仲の悪い妹夫婦と同居することになった、認知症のある方への支援
事例4 夫婦で暮らし続けたい、認知症の進行が気になる人への支援
事例5 家事全般に支援が必要になってきた、一人暮らしの認知症のある人への支援
事例6 転居や入院をきっかけに、外出や人との交流ができなくなった 認知症のある一人暮らしの人への支援

資料:東村山版認知症在宅ケア・アセスメントシート

編著者・事例監修者・事例提供者一覧

この商品を購入した方はこんな商品を買っています

2015/10/20
NPO法人千葉県介護支援専門員協議会=監修/後藤佳苗=編著
3,024円
2015/11/20
公益社団法人かながわ福祉サービス振興会=編集/NPO法人神奈川県介護支援専門員協会=編集協力
4,104円
2018/6/1
介護支援専門員テキスト編集委員会=編集/一般財団法人長寿社会開発センター=発行/中央法規出版=販売
6,804円