食品安全管理における微生物学的検査
基準の設定と検査の考え方

食品安全管理における微生物学的検査
食品安全管理における微生物学的検査

食品の安全を確保するための
微生物リスク管理の具体的な指標

ICMSF編集「食品の微生物シリーズ7」の翻訳書。
HACCPなどのシステムや微生物学的検査が食品の安全管理に極めて有益であることを解き、微生物リスクをどの基準に設定し、その基準を達成するために実際の食品加工工程においてどうアプローチするかを解説する。
著者ICMSF(国際食品微生物規格委員会)=編/春日文子、小久保彌太郎、島原義臣=監訳
ISBN978-4-8058-3805-1
C3047
判型B5
体裁上製
頁数402頁
発行日2013/6/10
開催地 セミナー講師 会場名 状況 セットコード タイトル名称
開催地
セミナー講師
会場名
販売価格 22,000円 (税込)
数量


目  次

序  文
監訳者まえがき

第1章微生物学的ハザードとそれらの制御
第2章リスクの評価と摂食時食品安全目標値の設定
第3章管理手段によるFSOの適合
第4章許容基準の選択と使用
第5章ロット許容のための微生物学的基準の設定
第6章確率の概念とサンプリングの原則
第7章サンプリングプラン
第8章ケースおよびプランの選択
第9章強化、簡略化および調査サンプリング
第10章ロットの許容のための2階級プランの利用経験
第11章環境の管理を評価するためのサンプリング
第12章サンプリング、サンプルの取扱い、サンプルの分析
第13章工程管理
第14章ピーナッツ中のアフラトキシン
第15章粉乳中のサルモネラ
第16章クックドソーセージ(フランクフルター)中のListeria monocytogenes
第17章冷凍生牛ひき肉パティ中の大腸菌 O157:H7
付属A用語解説
付属B国際食品微生物規格委員会の目的および実績
付属CICMSF Participants
付属DPublications of the ICMSF
付属ETable of Sources

関連商品

2011/2/1
ICMSF(国際食品微生物規格委員会)=編/山本茂貴、丸山務、春日文子、小久保彌太郎=監訳
22,000円
2009/10/30
仲西寿男、丸山務=監修/浅尾努、五十君静信、甲斐明美、島田俊雄、西尾治=編集
22,000円
2014/12/15
ICMSF(国際食品微生物規格委員会)=編集/春日文子、小久保彌太郎=監訳
22,000円