利用者に心地よい介護技術
「新感覚介助」というアプローチ

利用者に心地よい介護技術
利用者に心地よい介護技術
利用者に心地よく、安全な介護を提供するためには、単なる技法だけでなく「感覚を駆使してかかわる」ことも大切になる。
本書は、介護実践にあたっての、視覚・聴覚・触覚、そして固有覚(動きの感覚)の有効な活かし方を解説。実践事例とともに、「新感覚介助」を提案する。
著者安藤祐介=著
ISBN978-4-8058-5191-3
C3036
判型B5
体裁並製
頁数166頁
発行日2015/6/20
開催地 セミナー講師 会場名 状況 セットコード タイトル名称
開催地
セミナー講師
会場名
販売価格 2,376円 (税込)
数量


目  次

はじめに
基礎編   
利用者に心地よい介護技術とは
感覚と介助
視覚と介助
聴覚と介助
触覚と介助
重さと介助
実践編   
軽度者の移乗介助―手足を活かす技術―
中等度者の移乗介助―動きをつくる技術―
重度者の移乗介助―骨肉を活かす技術―
現場ですぐに応用できる事例
あとがき
著者略歴

この商品を購入した方はこんな商品を買っています

2014/5/10
市川洌、松本多正、滑らせる技術検討会=著
2,160円
2016/11/10
大泉恵美、蓜島桂子、蓜島弘之、森崎市治郎=編著
2,700円
2016/11/20
山内豊明=監修/株式会社パリウムケア=編集/大澤智恵子=著
2,808円
2018/3/20
前川美智子=著
2,376円