多職種で支える終末期ケア
医療・福祉連携の実践と研究

多職種で支える終末期ケア
多職種で支える終末期ケア

医療・福祉の現場で多職種が支える終末期ケアについて、
実践例と研究報告をまとめた1冊

「多死亡社会」を迎えつつある中、医療・福祉の現場では、様々な職種がチームとして「終末期ケア」にかかわることが求められている。
本書は、「多職種が支える終末期ケア」について、その先進的な実践例と研究報告を収載。
事例検討会の進め方についても解説する。
著者篠田道子、原沢優子、杉本浩章、上山崎悦代=編著
ISBN978-4-8058-5705-2
C3036
判型B5
体裁並製
頁数286頁
発行日2018/5/15
開催地 セミナー講師 会場名 状況 セットコード タイトル名称
開催地
セミナー講師
会場名
販売価格 2,860円 (税込)
数量


目  次

第1章 地域包括ケアに引き付けた
     行政、在宅、病院での取り組み

 1 保証人制度に頼らない在宅看取り、
   死後の対応
 2 医療機関と行政が
   一体となって取り組む
   「在宅看取り」の推進
 3 低所得者など生活困難者への
   在宅終末期ケアの取り組み
 4 日本一の訪問看護利用率で、
   大切な一人ひとりの人生を支える
   医療・看護・介護の連携
 5 スーパーケアミックス病院が取り組む
   終末期ケア
 6 名古屋市立西部医療センターの
   組織横断的活動

第2章 多職種で支える終末期ケアの
     実践研究

 1 日本福祉大学
   終末期ケア研究会が行った
   終末期ケア研究の到達点と課題
 2 特別養護老人ホームにおける
   終末期の多職種連携
 3 医療療養病床における
   看取りケア体制とプロセス評価
 4 在宅看取りにおける
   多職種チーム・モデルと課題

第3章 多職種で支える終末期ケアの
     事例検討会、
     カンファレンスの進め方

 1 終末期ケア事例検討会の
   開き方と進め方と評価
 2 看取りケアを深めるための
   「振り返りカンファレンス」の
   進め方と評価
 3 ケアマネジメント・ツールを活用した
   カンファレンスの進め方と評価
 4 カンファレンスや事例検討会における
   ファシリテーターと参加者の役割
第4章 多職種で支える終末期ケアの
     文献研究

 1 特別養護老人ホームにおける
   終末期ケア文献プレビュー
 2 医療療養病床における
   終末期ケア文献プレビュー
 3 終末期ケアにおける
   多職種連携教育(IPE)の文献研究
 4 多職種で支える終末期ケアの
   研究動向のまとめ

第5章 フランス終末期ケアの動向と
     わが国への示唆
     ―意思決定支援に焦点を当てて―

 1 フランス終末期ケアに関する施策の動向
 2 レオネッティ法の概要と多職種による意思決定支援
 3 フランス終末期ケア提供体制の推移
 4 緩和ケア人材教育

この商品を購入した方はこんな商品を買っています

2014/9/20
野中猛、野中ケアマネジメント研究会=著
2,640円
2017/6/2
公益社団法人日本医療社会福祉協会、公益社団法人日本社会福祉士会=編集
4,070円
2017/11/24
小西加保留=編著
3,850円
2019/01/20
八木亜紀子=編著/菅野直樹、熊田貴史、松田聡一郎=著
2,420円

関連商品

2012/1/10
東京女子医科大学病院看護部=編著
2,420円