四訂 認知症の人のためのケアマネジメント センター方式の使い方・活かし方

新着
四訂 認知症の人のためのケアマネジメント センター方式の使い方・活かし方
四訂 認知症の人のためのケアマネジメント センター方式の使い方・活かし方

ケア職や相談援助職、当事者の方へ。
認知症とともに、楽に、楽しい日々に!

認知症の人に良いケアをするための「センター方式シート」の手引書。
本人本位のチームケアのありかたを提示しながら、シートの活用法、多くの場面別の活用事例等を収載した。
四訂版では、より実務者に資する目次構成への見直しのほか、小規模多機能の活用事例を追加。
著者認知症介護研究・研修東京センター、認知症介護研究・研修大府センター、認知症介護研究・研修仙台センター=編集/認知症介護研究・研修東京センター=発行
ISBN978-4-8058-5844-8
C3036
判型A4
体裁並製
頁数222頁
発行日2019/03/15
開催地 セミナー講師 会場名 状況 セットコード タイトル名称
開催地
セミナー講師
会場名
販売価格 3,672円 (税込)
数量


目  次

1章 センター方式とは何か
 1 センター方式とは
 2 センター方式の特徴
 3 これからの認知症ケアとセンター方式
 コラム
  ・本人自身が語る認知症
  ・認知症とともに生きる希望宣言
 参考
  ・本人視点にたっての気づきを磨く

2章 センター方式の「共通の5つの視点」
 1 支援関係者が「共通の5つの視点」を共有しよう
 2 「共通の5つの視点」の意味とケアの可能性を知ろう
   ・その人らしいあり方(私らしさ、自分らしさ)
   ・その人の安心・快
   ・暮らしのなかでの心身の力の発揮
   ・その人にとっての安全・健やかさ
   ・なじみの暮らしの継続(環境・関係・生活)

3章 センター方式の特徴と使い方の実際
 1 センター方式のシステムとしての特徴
 2 センター方式に取り組もう
 3 センター方式シートのさまざまな活用方法

4章 センター方式シートの活用の仕方~本人本位のケアを導くために~
 1 センター方式シートの全体構成
 2 センター方式シートを活かすために
 3 センター方式シートの記入上の留意点
 4 センター方式シートの記入上のルール
 5 センター方式シートの見方と共通の記入ポイント
 6 各シートのねらいとポイント

5章 センター方式シートの活用例
 センター方式シートの活用例について
 1 地域包括支援センター
 2 居宅介護支援事業所
 3 デイサービス
 4 小規模多機能型居宅介護
 5 特別養護老人ホーム
 6 グループホーム

資料編
 ・「認知症高齢者の日常生活自立度判定基準」の活用について
 ・「障害老人の日常生活自立度(寝たきり度)判定基準」の活用について

センター方式シート

この商品を購入した方はこんな商品を買っています

新着
2019/03/20
認知症介護研究・研修東京センター=監修/宮島 渡=編集代表
1,944円
2017/6/10
一般社団法人全国認知症介護指導者ネットワーク=編集/認知症介護研究・研修仙台センター、東京センター、大府センター=編集協力
2,592円

関連商品

2017/6/10
一般社団法人全国認知症介護指導者ネットワーク=編集/認知症介護研究・研修仙台センター、東京センター、大府センター=編集協力
2,592円
2013/9/1
認知症介護研究・研修東京センター=監修/大久保幸積、宮島渡=編集代表
2,592円
2008/9/30
長谷川和夫=監修/服部安子=企画・編集/社会福祉法人浴風会ケアスクール=製作・発行
9,720円