利用者の思いに気づく、力を活かす
DVD「動き出しは本人から」の介護実践

DVD「動き出しは本人から」の介護実践
DVD「動き出しは本人から」の介護実践

利用者の意思は「動き出し」に表れる!
「利用者主体」「安全・安楽」な介護を実践するために

介護技術で利用者を動かすのではなく、利用者の動き出しを待ち、適切な支援で動きをつなぐ。
この「動き出しは本人から」の考え方と実践方法を解説するDVD。
丁寧な解説、実践演習、利用者映像等により、利用者主体のかかわりの意味と大切さ、効果を伝える。

商品の特集ページはこちらから!(動画公開中)

【書籍 「動き出しは本人から」の介護実践】はこちら!
著者大堀具視=監修
ISBN978-4-8058-5857-8
C3836
判型DVD
体裁中綴
頁数8頁
発行日2019/04/20
開催地 セミナー講師 会場名 状況 セットコード タイトル名称
開催地
セミナー講師
会場名
販売価格 13,200円 (税込)
数量


目  次

Part1 「動き出しは本人から」とは何か
 1 このDVDのご案内
 2 「動き出しは本人から」とは何か

Part2 かかわり方が変わる7つの理由
 1 「意思」は見えないものだけど、「動き出し」は見える
 2 身体で覚えたことは忘れない
 3 「される人」から「する人」へ
 4 「できない人」から「できる人」へ
 5 安心・安全のための「動き出しは本人から」
 6 信頼関係を育む「動き出しは本人から」
 7 介助者が変わる「動き出しは本人から」

Part3 8つの基本をマスターする
 1 寝返り動作
 2 目の動きと首の動き
 3 「支え」と「動き」
 4 起き上がり動作
 5 座位
 6 立ち上がり動作と立位
 7 移乗動作
 8 ポジショニング

Part4 実践につながる8つのポイント
 1 介助されることの恐ろしさを知る
 2 不意に触られることの不快さを知る
 3 場を共有する
 4 「動き出し」を誘う
 5 「動き出し」を見つける
 6 一呼吸待つ
 7 ゆっくり、コマをつなぐ
 8 「〇〇できそうですか?」

Part5 7つの疑問に答えます
 1 「動き出し」がわからない
 2 どこまで待てばいいのかわからない
 3 「誰がやっても同じ介護」は必要なのか?
 4 「動き出しは本人から」は新しい介護技術なのか?
 5 今までに学んだ介護技術は役に立たないのか?
 6 今の自分の介護を変えるにはどうすればいいのか?
 7 「動き出しは本人から」は利用者の負担にならないのか?

この商品を購入した方はこんな商品を買っています

2020/05/01
髙山彰彦、髙山美佐子=監修
13,200円
2006/10/11
ペヤ・ハルヴォール・ルンデ=監修
8,800円
2007/9/20
高齢者施設における褥瘡ケアガイドライン作成委員会=編集
2,750円
2007/10/20
財団法人テクノエイド協会=監修/東畠弘子=編著
1,980円
2009/4/30
浜村明徳=編集
2,200円
2012/5/10
佐藤ちよみ=著
2,420円
2012/6/25
一般社団法人日本ユニットケア推進センター=編集
3,080円
2012/9/28
日本リハビリテーション連携科学学会社会リハビリテーション研究会=編集/奥野英子=監修
10,450円
2012/12/15
田中義行=著
2,200円

関連商品

2018/3/20
前川美智子=著
2,420円
2016/11/20
山内豊明=監修/株式会社パリウムケア=編集/大澤智恵子=著
2,860円