マンガでわかる 拘縮を予防・改善する介護技術

マンガでわかる 拘縮を予防・改善する介護技術
マンガでわかる 拘縮を予防・改善する介護技術

ケアが変われば利用者はこれだけ楽になる!
利用者の苦痛を軽減する拘縮予防・改善の方法を
マンガでわかりやすく解説

拘縮がある利用者へのケアに悩む介護職は少なくない。
誤った介助を行うと、さらに拘縮を助長させることも。
本書はマンガを用いて、拘縮の基礎知識、予防・改善のためのポジショニング、生活動作を支える留意点などをわかりやすく解説。
安全なケアに必要な知識と技術を学ぶ。

立ち読みページへ
著者田中義行=著/梅熊大介=マンガ
ISBN978-4-8058-5997-1
C3036
判型A5
体裁並製
頁数176頁
発行日2020/01/20
開催地 セミナー講師 会場名 状況 セットコード タイトル名称
開催地
セミナー講師
会場名
販売価格 1,980円 (税込)
数量


目  次

第1章 拘縮の知識と基本の介助
【利用者の状況を体験しよう】
 ・痛みを与えない関節の動かし方
 ・指の開かせ方
【解説】
 ・座位姿勢でのずり落ち対策の注意点
【コラム】
 ・拘縮の種類を知ろう


第2章 筋性拘縮のケア
    ―ポジショニングの方法―

【利用者の状況を体験しよう】
 ・きつく閉じた両股関節の開き方
 ・脊椎のねじれがあるとどうなるか
【解説】
 ・30度側臥位のポジショニングの注意点
【コラム】
 ・褥瘡予防と拘縮予防


第3章 神経性拘縮のケア
    ―生活上の留意点―

【利用者の状況を体験しよう】
 ・高齢者や片麻痺がある人の場合の立ち上がり
 ・ギャッチアップの注意点
【解説】
 ・連合反応を予防する介助
 ・適切なクッションの使い方
【コラム】
 ・さまざまな認知症ケアのとらえ方①


第4章 疾患に応じたケア
    ―拘縮を予防・改善する―

【利用者の状況を体験しよう】
 ・正しい杖の長さを決める基準
 ・適切な枕の当て方
【解説】
 ・介護が必要になった原因疾患とケアのポイント
 ・円背の予防・進行防止の注意点
【コラム】
 ・さまざまな認知症ケアのとらえ方②


第5章 利用者・介護者双方の安全のために
【利用者の状況を体験しよう】
 ・座位時に足底を接地させる理由
【解説】
 ・衣服の着脱介助の注意点
 ・方向転換(移乗)には重心移動
【コラム】
 ・腰痛予防の考え方

この商品を購入した方はこんな商品を買っています

2016/11/20
山内豊明=監修/株式会社パリウムケア=編集/大澤智恵子=著
2,860円
2018/6/1
介護支援専門員テキスト編集委員会=編集/一般財団法人長寿社会開発センター=発行
6,930円
2019/08/01
ケアマネジャー編集部=編集/中村匡宏=編集協力
2,200円
2019/09/10
上原千寿子=監修/介護技術ハンドブック作成委員会=編集
2,200円
2019/09/10
ケアマネジャー編集部=編集
2,860円
2019/11/20
井上由起子、鶴岡浩樹、宮島 渡、村田麻起子=著
2,420円
2020/02/15
介護職員による喀痰吸引等のテキスト等の作成に係る調査研究編纂委員会=編集
3,080円

関連商品

2014/7/30
滝波順子、田中義行=著
2,420円
2012/12/15
田中義行=著
2,200円
2009/4/30
浜村明徳=編集
2,200円