おはよう21(2017年10月号増刊)

おはよう21(2017年10月号増刊)
おはよう21(2017年10月号増刊)
介護現場では、利用者にBPSDといわれる言動があると、どう対応すればよいか悩むことが少なくありません。
しかし、BPSDは「問題のある行動」という見方から脱却すると、ケアのあり方が見えてきます。
現場でよくあるBPSDの事例をもとに、ケアのポイントを解説します。

※単品送料¥470

年間購読(増刊号2冊含む計14冊)のお客様は、1冊あたり約¥29の割引に加えまして毎月の送料をサービスさせていただきます!
合計¥6,988お得な年間購読は下のアイコンから!

年間購読はこちら 便利でお得な年間購読は
こちらから
立ち読みページへ 本号の内容見本を
ご覧いただけます
判型AB
体裁並製
頁数88頁
発行日2017/9/20
開催地 セミナー講師 会場名 状況 セットコード タイトル名称
開催地
セミナー講師
会場名
販売価格 1,285円 (税込)
数量

目  次

巻頭カラー
 認知症のBPSD その見方を変えてみよう

1 認知症のとらえ方を見直そう

2 認知症ケアのポイント
 パーソン・センタード・ケアの視点から

3 BPSDの「理由」を探るケアのポイント

4 マンガでわかる BPSDの対応とケア
 1 「家に帰りたい」という要望が繰り返される
 2 大声を出したり、つかみかかったりする
 3 座っていられずに、立ち上がってどこかに
   行こうとする
 4 食事が進まない
 5 夜中に何度も起きてくる
 6 入浴を勧めても「結構です」と言われる
 7 「私の財布を盗ったでしょう!」と
   職員を疑う
 8 フロア内を歩き回り、ほかの利用者の
   部屋に入る
 9 居室に閉じこもって出てこない
 10 頻回にトイレの訴えがある

5 認知症ケアで加えたい3つの視点

この商品を購入した方はこんな商品を買っています

2017/3/20
田辺有理子(横浜市立大学医学部看護学科講師)池埜聡(関西学院大学人間福祉学部教授)石井隆之(臨床心理士、株式会社日本・精神技術研
1,285円

関連商品

2008/9/30
長谷川和夫=監修/服部安子=企画・編集/社会福祉法人浴風会ケアスクール=製作・発行
9,720円
2017/6/10
一般社団法人全国認知症介護指導者ネットワーク=編集/認知症介護研究・研修仙台センター、東京センター、大府センター=編集協力
2,592円
2017/7/20
鎌田實=著
1,620円
2017/8/20
関根健夫、杉山真知子=著
2,160円
2017/8/10
福辺節子=著
2,376円