ステップアップ介護
よくある場面から学ぶ介護記録

よくある場面から学ぶ介護記録
よくある場面から学ぶ介護記録

「わかる」を「できる」にする!
新人介護職が一人前になるために必要な知識と技術を
わかりやすく伝える「ステップアップ介護シリーズ」

介護職の「知識」を「実践力」に変えるシリーズ。
「介護記録」では、利用者・家族とのやりとりや食事、入浴、夜間巡回等の記録で介護職が書いてしまいがちな不適切な記述を取り上げ、何を観察しどう書けばよいか、良い文例を示し解説する。
記録の研修教材としても最適。
著者鈴木 真=著
ISBN978-4-8058-8116-3
C3036
判型A5
体裁並製
頁数186頁
発行日2020/04/15
開催地 セミナー講師 会場名 状況 セットコード タイトル名称
開催地
セミナー講師
会場名
販売価格 1,980円 (税込)
数量


目  次

PART1 記録の基本
 ・記録ってどうして書く必要があるんだろう?
 ・覚えていることだけを書けばよい⁈
 ・何を書いてよいかわからない……
 ・「結果」だけ書けばよい⁈
 ・文章は略語を使ってスッキリさせる⁈
  ほか


PART2 介護についての記録
 ・食事の記録は、食事量だけ書けばよい⁈
 ・量は「少し」「たくさん」と書けばよい⁈
 ・入浴の記録は、バイタルサインだけでよい⁈
 ・トイレ介助の記録は、排泄の有無を書けばよい⁈
 ・口腔ケアの観察・記録のポイントがわからない……
  ほか


PART3 利用者とのやりとりの記録
 ・利用者の言葉はわかりやすく要約して書けばよい⁈
 ・介護職の言葉は必要ないから省略する⁈
 ・方言は伝わらないから標準語に直して書く⁈
 ・「あなただけよ」と言われた話は省略する⁈


PART4 家族とのやりとりの記録
 ・家族からの電話は上司に報告するから記録はいらない⁈
 ・クレームの記録は「苦情」とわかるように記録する⁈
 ・家族からの情報は、共有できれば記録しない⁈


PART5 リスクや事故があったときの記録
 ・落ちている薬を見つけたら、落ちていたことだけ書けばよい⁈
 ・異常時はわかりやすく「異常あり」と書けばよい⁈
 ・ミスがあっても問題なければ記録しない⁈
 ・ふらついても転ばなければ記録しない⁈
 ・緊急時は覚えていることだけ書けばよい⁈


PART6 多職種間でのやりとりの記録
 ・介護職は専門外のことを書いてよい⁈
 ・他職種に相談したことは結論が出ないと何を書けばよいかわからない……
 ・ケアマネジャーが記録することは書かなくてよい⁈

この商品を購入した方はこんな商品を買っています

2020/04/20
先崎 章=監修/安西順子=編著
1,980円
2020/05/10
髙山彰彦=著
2,640円
2016/11/20
山内豊明=監修/株式会社パリウムケア=編集/大澤智恵子=著
2,860円
2018/3/20
前川美智子=著
2,420円
2019/01/20
八木亜紀子=編著/菅野直樹、熊田貴史、松田聡一郎=著
2,420円
2019/02/25
介護福祉士養成講座編集委員会=編集
37,180円
2020/07/05
介護福祉士国家試験受験対策研究会=編集
1,540円
2019/11/20
一色賢司=監修/一般社団法人食品安全検定協会=編集
2,420円
2019/12/20
社会福祉法人大阪ボランティア協会=編集
1,540円