保育所等の子ども家庭支援の実態と展望
困難家庭を支えるための組織的アプローチの提案

保育所等の子ども家庭支援の実態と展望
保育所等の子ども家庭支援の実態と展望

生活困難家庭への支援における保育所等の役割・変遷を学ぶことができる

保育所等における生活困難家庭の早期発見・早期対応に必要なスキルや、組織的支援のあり方について言及した研究書。保育所等の役割の変遷を学ぶとともに、保育者の家庭支援力を今後どう向上させていくかといった、子ども家庭支援における実践理論を提示する。


著者中谷奈津子、鶴 宏史、関川芳孝=編著
ISBN978-4-8058-8276-4
C3036
判型A5
体裁並製
頁数276頁
発行日2021/02/10
開催地 セミナー講師 会場名 状況 セットコード タイトル名称
開催地
セミナー講師
会場名
販売価格 3,300円 (税込)
数量


目  次

Introduction  保育所等における子ども家庭支援と生活困窮者支援
Chapter1 保育所等における子ども家庭支援の変遷
Chapter2 求められる組織対応-保育ソーシャルワークと生活困難に関する文献レビューから
Chapter3 保護者の相談のしやすさと組織運営
Chapter4 発達障害の可能性がある子どもの保護者への支援と保育所等組織の役割
Chapter5 保育所等における子ども家庭支援の実際
Chapter6 保育者業務の一環としての「子育て支援」の専門性の位置付けと教育・研修の現状