新・基本保育シリーズ 9
子ども家庭支援の心理学

子ども家庭支援の心理学
子ども家庭支援の心理学
新しい保育士養成課程に準拠したテキスト。
本巻は今回の養成課程改正で新たに設けられた科目であり、生涯発達と心理、家族・家庭の意義や役割、子育て家庭を取り巻く状況や構成員のライフコース、多様な家庭の理解、子どもの精神保健についての内容を網羅している。
著者公益財団法人児童育成協会=監修/白川佳子、福丸由佳=編集
ISBN978-4-8058-5789-2
C3036
判型B5
体裁並製
頁数208頁
発行日2019/03/01
開催地 セミナー講師 会場名 状況 セットコード タイトル名称
開催地
セミナー講師
会場名
販売価格 2,160円 (税込)
数量


目  次

第1講 乳児期の発達
 ・新生児期
 ・言葉の発達の基盤
 ・くすぐり遊びにおける相互作用
  ほか

第2講 幼児期の発達
 ・認知の発達
 ・初期経験の重要性
 ・発達心理学と発達精神病理学
  ほか

第3講 学童期の発達
 ・学童期の発達を学ぶ意義とは
 ・学童期の発達をふまえた教育支援
 ・近年の発達と教育の諸問題
  ほか

第4講 青年期の発達
 ・身体の発達
 ・対人関係の変化
 ・攻撃性への介入プログラム
  ほか

第5講 成人期・中年期の発達
 ・成人期・中年期とは
 ・中年期危機とは
 ・社会情動的スキルの形成と人生の成功
  ほか

第6講 高齢期の発達
 ・生涯発達における高齢期とは
 ・超高齢社会における高齢者
 ・高齢者の支援
  ほか

第7講 家族・家庭の意義と機能
 ・「家庭」「親族」「世帯」とは
 ・家族の定義の変化
 ・支援者として家庭にどう向き合うか
  ほか

第8講 家族関係・親子関係の理解
 ・家族のライフサイクル
 ・家族の関係を円環的に理解する
 ・親子関係への支援
  ほか

第9講 子育ての経験と親としての育ち
 ・子どもをもつことについての意識
 ・子育てと就業の両立が困難な社会的状況
 ・ママ友関係
  ほか

第10講 子育てを取り巻く社会的状況
 ・晩婚化・非婚化をめぐる状況
 ・子育てを支える
 ・高度生殖医療と喪失
  ほか

第11講 ライフコースと仕事・子育て
 ・ライフコースとは
 ・性役割分業とライフコース
 ・子育ての葛藤・育児ストレスを親のライフコースのなかでとらえる
  ほか

第12講 多様な家庭とその理解
 ・多様な家庭、多様な家族
 ・子どもと家庭を取り巻くさまざまな課題
 ・多様な家族に向けたより具体的な支援
  ほか

第13講 特別な配慮を要する家庭
 ・養育者のメンタルヘルス
 ・逆境的小児期体験(ACEs)の影響
 ・トラウマが保育者に与える影響
  ほか

第14講 子どもの生活・生育環境とその影響
 ・子どもの育ちの基本
 ・子どもの環境とソーシャルメディア
 ・特殊な環境で育つということ
  ほか

第15講 子どものこころの健康にかかわる問題
 ・子どもの習癖
 ・ちょっと気になる子どもと発達障害
 ・保育園、幼稚園、学校における子どもの攻撃的な行動
  ほか

関連商品

2019/02/15
公益財団法人児童育成協会=監修
44,280円