実践事例でわかる 認知症ケアの視点
21事例から学ぶ対応のポイント

実践事例でわかる 認知症ケアの視点
実践事例でわかる 認知症ケアの視点

認知症介護指導者が経験した事例から、
現場で遭遇するさまざまな課題への対応のヒントが見える!

本書は、認知症介護現場で遭遇するさまざまな課題に対して、認知症介護指導者による21の実践事例を通して、対応の視点や課題に向き合い何が得られたのかを記す。
認知症介護実践研修の新カリキュラムとも連動しており、研修・実践を問わず現場実践者が活用できる教材。
著者一般社団法人全国認知症介護指導者ネットワーク=編集/認知症介護研究・研修仙台センター、東京センター、大府センター=編集協力
ISBN978-4-8058-5526-3
C3036
判型B5
体裁並製
頁数218頁
発行日2017/6/10
開催地 セミナー講師 会場名 状況 セットコード タイトル名称
開催地
セミナー講師
会場名
販売価格 2,640円 (税込)
数量


目  次

第1章 認知症ケアにおける課題と
     求められる専門性の向上

 ・認知症介護現場の課題と
  認知症施策の動向
 ・認知症介護の専門性を高める教育・研修

第2章 地域ケアの事例:
     新オレンジプランに対応しよう

 ・イベントから地域のつながりへ
  ―第1回オレンジカップ(フットサル大会)開催―
 ・地域主体の認知症カフェを開催して
 ・認知症理解の啓発に向けた
  「介護者サロン」の取り組み
  ―地域包括や地域住民とともに―
 ・「福島県―認知症に優しい町」を
  目指して
 ・市民講座で認知症ケアの広がりを
  ―積極的に地域で活動することの重要性について―
  ほか

第3章 チームケア・ケース検討の事例:
     職場の人材育成に活かそう

 ・認知症ケアをチームで実践するための
  取り組み
  ―「認知症ケアの理念づくり」を実践して―
 ・グループホームで安眠につなげる
  アプローチ
  ―「夜勤者がパジャマで泊まってみたら」―
 ・独居認知症高齢者の
  在宅での看取りについて
  ―最期まで、本人の思いを在宅で実現するために―
 ・認知症の人の思いを支援するかかわり
  ―入居されても、ご本人のこれまでの生活を
   継続するために―

 ・リスク回避のつもりが、
   本人の生活をおかしているのでは?
  ―私は私らしく生きたいから食べる―
 ・幻視・幻聴のある人へのケア
  ―日々のできごとを傾聴していますか?―
  ほか
参考資料 認知症介護研究・研修センターの
       紹介と主な活動

 ・認知症介護研究・研修仙台センターの
  紹介と主な活動
 ・認知症介護研究・研修東京センターの
  紹介と主な活動
 ・認知症介護研究・研修大府センターの
  紹介と主な活動

この商品を購入した方はこんな商品を買っています

2019/03/15
認知症介護研究・研修東京・大府・仙台センター=編集/認知症介護研究・研修東京センター=発行
3,740円
2015/3/30
和田行男、小宮英美=著
2,200円
2007/9/20
高齢者施設における褥瘡ケアガイドライン作成委員会=編集
2,750円
2007/10/20
財団法人テクノエイド協会=監修/東畠弘子=編著
1,980円
2009/4/30
浜村明徳=編集
2,200円
2010/5/19
松本一生=編著/松本章子、升山弘子、長屋貴美子=著
1,980円
2012/5/10
佐藤ちよみ=著
2,420円
2012/6/25
一般社団法人日本ユニットケア推進センター=編集
3,080円

関連商品

2019/03/15
認知症介護研究・研修東京・大府・仙台センター=編集/認知症介護研究・研修東京センター=発行
3,740円
2013/9/1
認知症介護研究・研修東京センター=監修/大久保幸積、宮島渡=編集代表
2,640円
2015/8/1
長谷川和夫、長谷川洋=著
2,200円